患者さんのための幹細胞生物学 私たちの研究室は、医科研病院の小児細胞移植科も担当しており、白血病や再生不良性貧血といった血液の病気の子どもたちに対する造血幹細胞移植医療を行なっていますので、私たちの研究の最終的な目標は、幹細胞を使って、子どもたちの病気を治すことです。 いろいろな幹細胞(ES細胞、iPS細胞、造血幹細胞、間葉系幹細胞など)を用いて、いろいろな病気の原因の解明や治療法の開発を目指しています。医学系ばかりでなく、理学系、薬学系、農学系など、さまざまなバックグランドを持ったひとたちが研究に参加してくれることを歓迎します。

最新のお知らせ

2018/07/10

Designing Motif-Engineered Receptors To Elucidate Signaling Molecules Important for Proliferation of Hematopoietic Stem Cells

最近の研究実績

Ishizuka, S. Lai, C. Y. Otsu, M. Nakauchi, H. Nagamune, T. Kawahara, M.
Designing Motif-Engineered Receptors To Elucidate Signaling Molecules Important for Proliferation of Hematopoietic Stem Cells
ACS Synth Biol.  7: 1709-1714, 2018.

Takahashi Y., Sato S., Kurashima Y., Lai C. Y., Otsu M., Hayashi M., Yamaguchi T., Kiyono H.
Reciprocal Inflammatory Signaling Between Intestinal Epithelial Cells and Adipocytes in the Absence of Immune Cells.
EBioMedicine. 23: 34-45, 2017.

Saka K., Lai C. Y., Nojima M., Kawahara M., Otsu M., Nakauchi H., Nagamune T.
Dissection of Signaling Events Downstream of the c-Mpl Receptor in Murine Hematopoietic Stem Cells Via Motif-Engineered Chimeric Receptors.
Stem Cell Reviews. 14: 101-109, 2018.

Takahashi Y., Sato S., Kurashima Y., Yamamoto T., Kurokawa S., Yuki Y., Takemura N., Uematsu S., Lai C. Y., Otsu M., Matsuno H., Osawa H., Mizushima T., Nishimura J., Hayashi M., Yamaguchi T., Kiyono H.
A Refined Culture System for Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Intestinal Epithelial Organoids.
Stem Cell Reports. 10: 314-328, 2018.

Nakanishi, M. Otsu, M.
Development of Sendai virus vectors and their potential applications in gene therapy and regenerative medicine
Curr Gene Ther.  12: 410-6, 2012.

このページの先頭へ戻る

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センターについて
東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
幹細胞治療とは? 詳しくはこちら

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター 幹細胞プロセシング分野/ステムセルバンク 〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1 Tel:03-5449-5397Fax:03-5449-5428 imsutscb(at)ims.u-tokyo.ac.jp

  • 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
  • 東京大学医科学研究所附属病院
  • 東京大学 医科学研究所
  • 東京大学

Copyright 2018 © Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicinell.right reserved.