トップページ >  > オープンラボ: 大学院生(修士・博士)募集 

お知らせ

2016/03/08

オープンラボ: 大学院生(修士・博士)募集 

幹細胞ダイナミクス解析分野の研究テーマに興味を持ち、大学院への入学を希望する方を募集しています。詳細は下記【よくある質問】をご覧ください。

 

大学院進学については、大学院進学説明会(医科学研41513:00-17:00)、メディカル情報生命専攻オープン6310:00-12:30)をご利用ください。

 6月3日(土)大学院進学説明会(白金キャンパス) スケジュール

1.挨拶・専攻概要10:00-10:15
2.入試制度説明10:15-10:25
3.各ラボプレゼン(4分)10:25-11:45 (80分:20ラボ想定)
4.Meet the professor 11:45-12:15(午前中ここまで)
5.オープンラボ(白金にあるラボ)13:00-17:00(時間帯1時間区切り)(Plz call the lab 03-6409-2110 to enter the building on the day of the orientation).

当研究室では平成28415日(土)10:00-12:30、6月3日(土)1300-17:00、オープンラボを開催します。事前に電話03-6409-2110にご連絡の上、お気軽にお立ち寄りください。

ご都合が合わないようでしたら、見学の日程等ご相談に応じます。

 

連絡先:heissig(アットマーク)ims.u-tokyo.ac.jp

 

博士課程入学希望者には、研究科における試験とは別に、当研究室においてプレゼンテーションを行って頂きます。

 

【よくある質問】


 

Q.研究室に進学するにはどの研究科を受ければ良いのでしょうか?

 

A.当研究室は、新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻及び医学系研究科に所属しており、修士課程の学生に関しては両方の研究科より大学院生を受け入れています。

 

博士課程から新たに入室される学生に関しては、一定期間研究に専念し、相応のレベルの研究成果を国際論文雑誌への掲載を達成するために、在学期間が4年制である医学系研究科からの進学希望者を優先しております。

 

入室にあたっては、医学系研究科の博士課程の学生(4年制)および新領域創成科学研究科の修士課程から博士課程にかけて5年間勉強する学生を優先としますので、あらかじめご了承ください。

 

 

Q.ポスドクとしての雇用はありますか?

 

A.現在のところ、採用はしておりません。

 

 

Q.雇用ではなく、ポスドクとして研究室に入ることはできますか?

 

A.日本学術振興会特別研究員の資格を持つ研究者は特別研究員として、

また博士号を取得されている方は客員研究員としての受け入れが可能です。

詳細はお問い合わせください。

 

 

Q.他大学に所属しておりますが、外部研究生として研究することは可能ですか?

 

A.大学の学部を卒業された方は、面接を受けた上で、研究生として受け入れ可能です。

研究生の場合、研究料等の支払が発生します。

 

 

Q.英語能力について

 

A.ボスは外国人ですが、研究室内での使用言語は日本語と英語の両方となります。

 

 

お知らせ一覧へ戻る

このページの先頭へ戻る

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センターについて
東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
幹細胞治療とは? 詳しくはこちら

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター 幹細胞ダイナミクス解析分野 〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1Tel: 03-6409-2108 Fax: 03-6409-2109

  • 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
  • 東京大学 医科学研究所
  • 東京大学

Copyright 2017 © Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicinell.right reserved.