研究から医療へ 各種疾患病態における幹細胞動態の解明 不合理を追求するものは、不可能に到達する アルバート・アインシュタイン

最新のお知らせ

2016/03/08

オープンラボ: 大学院生(修士・博士)募集 
大学院への入学を希望する方を募集しています。 平成29年4月15日(土)10:00-12:30、6月3日(土)13:00-17:00オープンラボを開催します。 事前にEメイル(heissig(アットマーク)ims.u-tokyo.ac.jp)でご連絡の上、お気軽にお立ち寄りください。

最近の研究実績

Shimazu H, Munakata S, Tashiro Y, Salama Y, Eiamboonsert S, Ota Y, Onoda H, Tsuda Y, Okada Y, Nakauchi H, Heissig B, Hattori K.
Pharmacological targeting of plasmin prevents lethality and tissue damage in a murine model of macrophage activation syndrome.
Blood. :,2017 Mar 21 [Epub ahead of print].

Honjo K, Shinya Munakata S, Tashiro Y, Salama Y, Shimazu H, Eiamboonsert S, Dhahri D, Ichimura A, Dan T, Miyata T, Takeda K, Sakamoto K, Hattori K, Heissig B.
Plasminogen activator inhibitor-1 regulates macrophage-dependent postoperative adhesion by enhancing EGF-HER1 signaling in mice.
FASEB. :,2017 Mar 7 [Epub ahead of print].

Dhahri D, Sato-Kusubata K, Ohki-Koizumi M, Nishida C, Tashiro Y, Munakata S, Shimazu H, Salama Y, Eiamboonsert S, Nakauchi H, Hattori K and Heissig B.
Fibrinolytic crosstalk with endothelial cells expands murine mesenchymal stromal cells.
Blood. :,2016 Aug 25.

Heissig B, Eiamboonsert S, Salama Y, Shimazu H, Dhahri D, Munakata S, Tashiro Y, Hattori K.
Cancer therapy targeting the fibrinolytic system.
Adv Drug Deliv Rev. 2015 Nov 14. pii: S0169-409X(15)00274-4. doi: 10.1016/j.addr.2015.11.010. [Epub ahead of print] Review.. :,2015.

Heissig B, Dhahri D, Eiamboonsert S, Salama Y, Shimazu H, Munakata S, Hattori K.
Role of mesenchymal stem cell-derived fibrinolytic factor in tissue regeneration and cancer progression.
Cell Mol Life Sci. :,2015 Sep 9. [Epub ahead of print].

このページの先頭へ戻る

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センターについて
東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
幹細胞治療とは? 詳しくはこちら

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター 幹細胞ダイナミクス解析分野 〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1Tel: 03-6409-2108 Fax: 03-6409-2109

  • 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
  • 東京大学 医科学研究所
  • 東京大学

Copyright 2017 © Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicinell.right reserved.