疾患の病態解明と新規治療開発を目指して 私たちは、東京大学医科学研究所において疾患の病態解明と新規治療開発を目的とする研究を行う一方、 附属病院において難治性血液疾患の診療に従事しています。 Basic Scienceの分野で生命現象の解明を目指します。 Clinical scienceの分野で病態の解明や新しい治療法の開発を目指します。

最新のお知らせ

2013/03/13

細胞療法分野/幹細胞シグナル制御分野 のホームページを更新しました
リンク先が当研究室の主たるホームページとなります。記事詳細よりご覧ください。

最近の研究実績

NOIMAGE

Doki, N., Kitaura, J., Inoue, D., Kato, N., Kagiyama, Y., Uchida, T., Togami, K., Isobe, M., Ito, S., Maehara, A., Izawa, K., Oki, T., Harada, Y., Nakahara, F., Harada, H., and Kitamura, T.
Fyn is not essential for Bcr-Abl-induced leukemogenesis in mouse bone marrow transplantation models.
Int. J. Hematol.. 95(2):167-175.,2012.

NOIMAGE

Oki, T., Kitaura, J., Watanabe-Okochi, N., Nishimura, K., Maehara, A., Uchida, T., Komeno, Y., Nakahara, F., Harada, Y., Sonoki, T., Harada, H., and Kitamura, T.
Aberrant expression of RasGRP1 cooperates with gain-of-function NOTCH1 mutations in T-cell leukemogenesis.
Leukemia. :in press,2012.

NOIMAGE

Tran, P.T., Bendapaudi, P.K., Lin, H.J., Choi, P., Koh, S., Chen, J., Horng, G., Hughs, N.P., Schwartz, L.H., Miller, J.H., Kawashima, T., Kitamura, T., Paik, D., and Felsher, D.W.
Survival and death signals can predict tumor response to therapy after oncogene inactivation.
Science Translational Medicine. Vol. 3, Issue 103:103ra99 ,2011.

NOIMAGE

Nakamura, M., Kitaura, J., Enomoto, Y., Lu, Y., Nishimura, K., Isobe, M., Ozaki, K., Komeno, Y., Nakahara, F., Oki, T., Kume, H., Homma, Y., and Kitamura, T.
TSC-22 is a negative-feedback regulator of Ras/Raf signaling: Implications for tumorigenesis.
Cancer Science. 103(1):26-33.,2012.

NOIMAGE

Suzuki, K., Ono, R., Ohishi, K., Masuya, M., Kataoka, I., Liu, B., Nakamori, Y., Ino, K., Monma, F., Hamada, H., Kitamura, T., Katayama, N., and Nosaka, T. (2012) IKAROS isoform 6 enhances BCR-ABL-mediated proliferation of human CD34+ hematopoietic cells on stromal cells.
IKAROS isoform 6 enhances BCR-ABL-mediated proliferation of human CD34+ hematopoietic cells on stromal cells.
Int J Oncology. 40(1):53-62.,2012.

このページの先頭へ戻る

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センターについて
東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
幹細胞治療とは? 詳しくはこちら

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター 幹細胞シグナル制御分野 〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1 Tel:03-5449-5759 Fax:03-5449-5760 kitamura(at)ims.u-tokyo.ac.jp

  • 東京大学医科学研究所
幹細胞治療研究センター
  • 東京大学医科学研究所附属病院
  • 東京大学 医科学研究所
  • 東京大学

Copyright 2017 © Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicinell.right reserved.